生きづらい方の働き方を教えます。

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

死にたい

防衛本能?死にたい思ったことを思い出せない。内側に感情を向けず、表に出して爆発

投稿日:

私は、死にたいと追い込まれた事は、モチロンありますが、じつはあまり思い出せないのです。

 

今まで生きてきて、大恥をかき、参った事や仕事などで追い詰められたり、お金の事で、苦労したりして、思い込むことも、あります。

 

恋愛などで、大恥をかくことも、ありました。

 

本当に、恥ずかしくて顔から火ではなくマグマが、出るくらい嫌な事もありましたが、いつの間にか、防衛本能からかなのか、その時は内側に、感情を向けないで表に、出して爆発しています。

 

しかし、子供の頃から、こんな性格だったわけでは、ありません。

 

どちらかと言うと、子供の頃は、親に、学校に、持って行かなくては、いけないクラスの観賞用の魚を店で買ってスグに学校のクラスの水槽に入れないとまずいのに、うっかり家に持って帰ってしまい(ブクブク酸素を、当てないと半しかもたないと 言われてました。)

 

それを、オヤジに、叩かれながら、コンコンと、説教されていたら、物凄い大変な事をしてしまったと言う恐怖に襲われ、叩かれた痛さからではなく大変な事をしてしまったと言う責任感で、胸が、痛くなって倒れてしまいました。

 

どうしたらいいのか分からず心臓が、血を送り込んでいない感覚が手に取るように分かるのが、今でも思い出せる位です。

 

この時は、死にたいと頭に思い浮かびませんでしたが確実に、体は生きる事に、疑問を持っている反応を示しました。

 

この経験をしてから、防衛本能が、働くのか、つらい事があっても、なるべく思い出さないようになったかもしれません。

 

いや意図的に、忘れようと努力しているのかもしれません。

 

考えてみればこの経験は、私の、生死感の大きな基盤なのかもしれません。

 

以上です。

 

どうでもいい用事を作って、真夜中の街を自転車で徘徊

具体的にどんな行動をしたのか?なんですが、改めて死にたいとは、思ってないんだけどあの行動は、
おかしかったなと言う事は、よくありますね。

 

やたらと、夕陽を見に、海や河原に行ったり(かなり危ない場所です。)

 

どうでもいい用事を作って、真夜中の街を自転車で、徘徊して必要以上にボンキホーテに行ったり、
夜の危険な所をワザと何回も往復したり、別にスリルを、楽しみたくてやっているわけではないんです

 

気が付いたら、そこで用もないのに、缶ジュース飲みたくなって何故かそこまで、行ったり、昼間になって、冷静になって考えたらた鳥肌が立つ位、ゾーっとしたりしてました。

 

ちゃんと意識はあるんですよ。

 

でも、あまりに危険な精神状態を、とても自覚していて、「オレ、大丈夫かな!?本当にまともじゃないよな?見てもらった方がいいのかな?」とつい最近まで、思っていました。

 

デモ見てもらうなんて、出来ませんよね・・・。

 

精神鑑定して、結果が悪くて精神病棟に、入れられたら、薬漬けにされてしまって、余計悪くなるし、出てきたら、余計まともな人間に、見てもらえないので社会に、いられない可能性があるので自分で、何とかするしかないと思ってました。

 

田舎から出てきた人間は、一人で解決しないといけませんもんね。辛い所です、本当に・・・。

 

死にたいと思うと負のスパイラルに…全てが面倒くさくて、苦痛

「死にたい」と思うと何を毎考えてしまうのか?

 

やはり、何といいますか。

 

自分の、マイナスな事ばかり、くやんで落ち込んで、状況を見せつけられて、また、深く、落ち込んでいくと言ういわゆる「負のスパイラル」に入り込んでしまいます。

 

こんな時に考えることなんて、ロクな事は、ありません。

 

本当に、毎この辛さを、打ち消す方法ばかり考えてしまい、そのことを、考える事に大部分の時間は、過ぎていき、

 

8時に起きたのに、起きた瞬間から、その思考の、動機の確認を取り、意味合いと取り、そのいきさつを確認し関わる付属の事を、考えるとあっという間に、午後の一時、二時などの時間は、過ぎていきます。

 

モチロン、その起きた布団の上で・・・。

 

取り合えず、起きて腹が減ってきているのでメシを買いに行くんですが、腹は減っているのに、買いに行くのはとてもめんどくさく、人のもあり気にしますのであまり良い行動にはなりません。

 

全てが面倒くさくて、苦痛なのです・・・。

 

こんな状況だから、人とコミュニケーションも取れないし、取りたくても取らない方がいいのだろうと言う結論になっていきます・・・。

 

そんなこんなで、いつの間にか夜・・・。暗くなって。一層虚しくなっていき夕陽を、見て空の青さを、確認して、ため息をつくのです。

 

「ああ、今も一終わってしまった。 何も、解決せずに、何もせずに・・・。 他の皆は、ちゃんと生き生きと、活動してると言うのに・・・。なんてクズなんだろうとオレって・・・。」

 

暗くなってしまった。空を見渡して自問自答します。

 

「生きていていいのかな。オレって・・・。」

 

死にたいと思っても親より先に死んではいけない

「死にたい」と思ってもなぜ生きるのかについては、やはり松田さんも動画で言う様に、「親より先に死んでは、いけない。」

 

これに尽きるのではないのでしょうか。

 

やはりこの言葉の重さは、どの言葉にも負けない計り知れなさを、表していますし、この言葉にかなう言葉などありはしません。

 

本当に、この言葉は偉大ですよね。大切にしたい言葉ですし、大切に、するべき格言です。

 

いや、人が生きて行く上での掟だと思います。ある意味とてもありがたい言葉だと思っています。

 

あと、生きがいは、自分の好きな事、欲しかったモノを、思い出していくことですね。松田さんの、教材にもあったように子供の頃や、若い頃の事を思い出して夢見るだけでも、だいぶ違うはずです。

 

子供の頃の事を、好きな事を思い出しながら、ニヤニヤすることですね。一瞬でもいいので、思い出します。

 

ああやっぱり、今寒いから沖縄行きたい。美味しいモノ食べたい。

あの車、買いたい乗りたい。

あの人に会いたい、見たい、仲良くなりたい。

 

自分に、対する欲求を、取り合えず思い尽くしてみる事でしょうか?誰もいない時にしか出来ませんが。そこから、また生きがいを探したいと思います。

 

しかしなんだかんだ言っても、「親より、先に死んではいけない」が、第一だと思います。

 

親が悲しみますから・・・。

 

少しだけ孤独になるのを、止めてみてください

取り合えず、親に電話してみてください。

 

私も、とても仲がいい親子と言う事は、言えませんが、歳をとってくれば心配することが、自分にも親にもできるはずです。

 

親に電話できない方いるでしょう。

 

兄弟に、掛けて下さい。兄弟に掛けれない人は、友達に掛けて下さい。

 

友達に掛けれない人は、知り合いに掛けてください。

 

取り合えず、少しだけでも孤独になるのを、止めてみてください。

 

必ず少しは、思いつめた考えが変わると思います。

 

誰かの、YouTubeのコメントに、書き込むでもだいぶ違うと、思います。そこから返信コメント貰ってください。

 

意図的に、一人にならない様にしてくださいね。いつまでも、限りなくその心境は続きません。必ず、その心境が軽くなる時が訪れます。

 

松田さんが、言う様に、いつまでも雨は降りません。せめて、雨が止むのを待って見て下さい。必ず、晴る時がやってきます。

 

それまでは、苦しくても待っていてください。綺麗ごとばかり言うつもりはありません。現実は厳しくつめたいものです。

 

でも、暖かい場所も少ないですが必ずあります。探すのが大変ですが、あきらめないで下さい。

 

ここはその止むの数少ない、暖かい場所です。

 

松田豊さんの、HP、YouTubeを見てから確認してください。

 

21世紀の在宅ビジネスを800本以上、300時間の動画で解説しています。

うつ病が蔓延しています。50代、60代になっても健康に生きたいと思いませんか?次世代の働き方を300時間以上の動画を使い無料で教えます。

 

-死にたい

Copyright© 死にたい人が生きたくなるブログ , 2020 All Rights Reserved.