生きづらい方の働き方を教えます。

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

自殺防止

ブラック企業の残業は月100時間。アフィリエイトのため退職し無職で半年間実践したが

投稿日:

私には家庭があり小さい子供が2人おります。

 

元々は会社員として働いておりました。しかし、ブラック企業だったため月の残業は100時間を超えており、寝不足や体調不良も重なり、激しい頭痛を痛み止めで抑えながら毎日会社に通っていました。

 

当然、考える力も奪われ、ただただ会社と家の往復を繰り返していました

 

この先20年この状態が続くことを考えるとどうしても金銭的にも体力的にも厳しいと判断した私は、インターネットで副業を探しました。

 

そこでみつけたのがアフィリエイトでした。

 

サイトアフィリエイトといわれるものから、アドセンス、アフィリエイトで実績を作って集客をするネットワークビジネス、メルマガで集客をするものなど、さまざまなものに手を出してしまい、高額塾といわれるものから教材などを含めてこれまで総額150万円ほどは購入してきたと思います。

 

はっきりいってしまうとこれらの違いがよくわかっていなかった私はノウハウコレクターのような状態でどんどん深みにはまっていってしまっていました。

 

妻に頼みこみ貯金を切り崩して実践しましたが、それだけでは収まらず、カードで24回払いにしてさらにいくつかの高額塾に入りました。

 

そしてその時の支払いは今でも続いています。

 

あるアフィリエイトの塾では覚悟を決めて実践していれば必ず道は開ける、という努力や根性勝負の塾の言葉を鵜呑みにしてしまった私は、まだ収益が出ていないにも関わらず前職を退職する決意をして半年以内に結果を出すからと言って、妻に頼みこんで無職の状態で半年間、実践する機会を設けてもらいました。

 

今考えても胸が苦しくなりますが、小さい子供がいるにも関わらずこのような行動をしたこと、そしてそれを受け入れてくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

しかしそれと同時に実践したにもかかわらずなんの結果も出せていないことに情けない気持ちでいっぱいになり、死にたいという気持ちと消えてなくなりたいという気持ちでいっぱいになりました。

 

当時の私はあまりにも情報弱者で信じ切ってしまっていて、今考えると完璧に洗脳されてしまっていたことがよくわかります。

 

しかしそのときの私はとにかくやれば結果がでると思い込み、焦れば焦るほど、また次の教材を買うということを繰り返しどんどん泥沼にはまっていきました。

 

死にたい、夜中に家を出て外を徘徊

死にたいと思っていた私は夜中に家を出て、外を徘徊していた時期がありました。そのときの私は別に何かしようと考えていたわけではありませんが、ただただいまの状況から早く抜け出したいと現実逃避していたのかもしれません。

 

そのときの私は子供と過ごす時間以外のほぼ全ての時間をパソコンの作業に費やしていたと思います。とはいってもただ機械的に同じような作業を繰り返していただけだったと思います。

 

そして、無職だった頃の私は生活リズムもバラバラで座椅子を起こすとパソコンがあり、作業をして眠くなったら座椅子を倒して寝るという不規則な生活を繰り返していたので自律神経も相当乱れていたのだと思います。

 

夜中も2時間おきに目が覚めてしまい、不安とストレスから眠れない状況が続いていました。

 

全ては自分で選んだ道であり全て自己責任です。さらに私には家族がいるので自己責任では済まされず家族を巻き込んでしまっていることが何より辛く、全くもって言い訳しようがありませんでした。

 

さらにすぐにうまくいくと甘い考えでいた私は、この状況をうまくいったら話をすると妻にはいっていたため両親にも未だに話せず妻にはさらに、肩身の狭い思いをさせてしまっているのです。

 

死にたいと思っても家族がいる、生きていくしかない

死にたいと思っても家族がいますし死ぬ勇気さえない私には何とか生きていくしか選択肢はありませんでした。とにかく毎日頑張って作業をしていればいずれは道が開けると信じていました。

 

しかし起業の世界というのはそんなに甘いものではありませんでした。

 

別に誰かが見てくれているわけでもほめてくれるわけでもありませんし、努力や根性に頼っていては辛い思いをするだけなのです。

 

どんなに頑張ろうが間違ったことをしていようが、メンターがいない限りは注意してくれる人はいないので全て自分自身で気が付くしかありません。

 

結局、お金に1円もならなければ食べることができないので死あるのみなのです。厳しいですが、起業の世界ではこれが現実です。会社員として定額の収入が得られることがどんなに尊いことなのか起業をして初めて知ったのです。

 

そして妻との約束の半年を過ぎ、生活費もそこを尽きてしまうため、派遣社員として働きはじめました。

 

今は派遣社員として働き、妻も働いているためなんとかやりくりはしていますがいつ派遣切りに合うかわかりません。

 

個人事業主としては完全に詰んでいることは分かっていますが、それでも自己投資をしてなんとかスラム街から抜け出したいと思っています。

 

妻と子供だけは幸せにしてあげたい

こんな私ですが、家族がいて子供もいるのです。いまの唯一の幸せは妻や子供と過ごしている時間です。

 

2人の子供を寝かしつける時は普段は「お母さん、お母さん」といって私よりも妻ばかりにいってしまいますが寝かしつけるときは私の両手をギュッと握りしめて寝てくれます。

 

そんなときは「妻とこの子たちに絶対に迷惑をかけるわけにはいかない、この子たちに何か残してやりたい」と心の底から思っています。そんなときは自然と涙が頬をつたってきます。

 

しかしその瞬間だけは、本当に満たされていて幸せだと感じる瞬間でもあるのです。妻と子供には感謝しかありません。

 

そんな家族のためにも私は絶対に死ぬなんて選択肢はありえませんし、信じてついてきてくれている妻と何も知らない子供だけは幸せにしてあげたいと思っています。

 

だからといって焦ってしまい以前のように知りもしない商品を無理やり紹介するようなアフィリエイトをしても時間を無駄に使ってしまう気がしているのです。

 

ですからいま行動に迷いがあるということは自己投資をして学びを続けることが最優先であると考えています。甘い考えかもしれませんが、決して諦めずに学び行動し続ければいつかは人生が好転すると信じています。

 

生きる意味がない人はだれ一人としていない

人生は捉え方次第だと思います。

 

辛い人にとっては考える余裕もないかもしれませんが、もし今が人生で一番辛い日だとしたらそれ以上、下はないわけですし、過ぎたことへの後悔はしても仕方ありません。

 

過ぎたことは次にまた同じことが起こらないようにするしかありません。

 

あなたの明日を生きたかった人がいるということを忘れてはいけません。人生、生きていれば選択を間違えてしまうこともあるかもしれません。

 

しかしその間違えも間違えだと気づくためのプロセスだと考えることもできます。今は辛くてもその後のあなたの行動次第でよくもなれば悪くもなります。

 

死にたいほど辛いと思っていることは人の価値観によって人それぞれです。その人にしか辛さはわかりません。

 

しかし実際にはあなたよりもっと辛い経験をしている人がいることは事実ですしそれでも前向きに生きている人もいるのです。

 

こうなれば少しは良い方向に向かうと思うという小さな光を見つけたらそこだけにフォーカスしていきましょう。

 

そこからどんどん良くなっていくイメージをしていくことで希望が生まれてくるのではないでしょうか。

 

そうすればきっと生きる意味が見つかると思います。

 

奇跡的な確率で生まれてきているのに生きる意味がない人はだれ一人としていないのではないでしょうか。

 

21世紀の在宅ビジネスを800本以上、300時間の動画で解説しています。

うつ病が蔓延しています。50代、60代になっても健康に生きたいと思いませんか?次世代の働き方を300時間以上の動画を使い無料で教えます。

 

-自殺防止

Copyright© 死にたい人が生きたくなるブログ , 2020 All Rights Reserved.