生きづらい方の働き方を教えます。

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

自殺防止

人生は落第生。旅番組で旅行の妄想をし「死にたい」と思わないように現実逃避

投稿日:

私は元々、社会に適応する能力が低いのだと思います。

 

高校もなぜ行かなければならないのか意味もわからず受験勉強もしていません。そもそも、小学1年生から担任の先生から勉強は見捨てられましたので、そこからもうまったくわからないのです。

 

なのでその延長のまま私の人生は落第生として生きて来ました。

 

高校も地域では「誰でも入れるけど学費が高い」と言われていた高校になんとか入ることが出来ました。(親には迷惑をかけてしまいましたが...)

 

そして高校を卒業すると社会人として某有名警備会社に入社するのですが、体育会系の上司が怖すぎて、教えてもらった仕事をどうしてやればいいのかわからないのです。

 

怖くて体も脳も活動しないのです。

 

そんなことなので、ほぼ毎日かなりの罵声を浴びせられたので、その結果(受診はしていませんが)今思えば私は重度の「鬱」になっていたのだと思います。

 

当時の私は電車に乗ると体が強張り涙が出てくるのです。

 

そして頭の中はモヤモヤと自分でもどうしたらいいのかわからないのです。そして涙が止まらないのです。怖くて逃げたくて、私の周りには人が沢山いるのに、もう自分のことだけで精一杯なのです。

 

勤務は朝、仕事に行けば次の日の朝まで帰れません。夜もまともに眠った記憶もなく、こういった生活が精神を更に不安定にさせたのだと思います。

 

とにかく生きた心地がなく生まれた理由を自分に問いかけている毎日でした。

 

それから数日後、現実逃避にはお酒を飲むことでしか解消出来ないと思うのでした。

 

仕事が終わるとコンビニに直行しお酒を

とにかく、仕事には行きたくないし、何も考えたくないので毎日仕事が終わると朝からコンビニへ直行し、強いお酒を飲んでいました。

 

焼酎やウイスキーのボトルを日に日に空ける量も多くなっていました。

 

私は歩きながら飲んでいましたので、無くなれば他のコンビニに入り、また買っての繰り返しになっていました。

 

仕事の帰りですので、電車で帰路についているはずなのですが、気づいたら他の県の駅の外のベンチで倒れていたり、まったく知らない公園のベンチで寝ていたことや植木の中に頭を突っ込んで寝ていたこともあります。

 

とにかく死ぬ勇気がなくて、現状をどう打開していいのかまったくわからなくて、ひたすらお酒を飲んで記憶をなくしていました。

 

多分ですが、お酒を飲んで記憶がないときに「死ねたら幸せかも」とは思っていたと思います。

 

しかし、今思えばあれほどのお酒を飲んで記憶がない状態でかなり危険なことをしていても、大きな怪我もなく、そしてトラブルもなく不思議と無事に家には帰れておりました。

 

様々なストレス解消の方法もあったと思いますが、当時の私は居酒屋の入り方もわからず、ましてや風俗やキャバクラの存在すら知らない世間知らずでしたので、お酒による解消の方法しか知りませんでした。だから外でお酒を浴びるように飲んでいました。

 

とにかくそういった状況ですので、1年近くそのような生活でしたから体も精神もとうとう悲鳴をあげました。

 

そして、もうダメだと思い青森に住む祖父の家で農業をやりたいと親に懇願して許可をもらい、会社にも退職届けを3回出して、ようやく3回目でやっと受け取ってもらえました。そして私は長野オリンピックの年に青森へ行来ました。

 

青森の自然と農業をやることと、自由な時間の中で私の心は穏やかになっていきました。

 

旅番組を見て妄想し、死にたいと思わないよう現実逃避

死ぬほどの勇気がないヘタレ男のため、毎日布団の中で泣いています。根性もないのでとにかく家族と一緒にいたいのです。

 

お金もないため旅番組を見て旅行した妄想でなるべく「死にたい」と思わないように現実逃避をして、完全にダメな人間だとわかっておりますが現実を見ません。見れません。

 

また、警備会社時代の後遺症なのか、今でも責任を負わされると非常に強い精神的な圧迫を感じてしまうことがあります。

 

また、今の職場でも主任時代には責任を負わされて、「鬱状態」になってしまいました。

 

そして、今では主任を降格になりましたが、とにかく私は家族の生活を支えなければならないので、子育てや家のローンも借金の返済も仕事に出勤しないで家で一人だけで稼げればと思いギャンブルや宝くじに逃げてしまいました。

 

それが原因でまた借金を膨らませてしまい、尚更仕事に行かなければ生活が出来ない状況へと悪化させていました。

 

とにかく責任を負わされるのがイヤなのと、自分の命をかけて貢献するほどの施設長ではない施設で働くことが耐えきれず、以前施設長が職員を誹謗中傷した施設内メールを外部に出したら炎上するのではないか等の他者への攻撃を妄想としてストレスを発散しております。

 

(しかし、松田様よりネットの世界は愛と真心と学んでおりますのでそういったことは致しません)

 

妄想から現実に戻ると、私自身が出来れば楽して稼ぎたいと思ってギャンブルに現実逃避をしていたせいで、気づいたら借金が増えているという現実を突きつけられます。

 

そしてまた懲りずに妄想の世界へ逃げ恥ずかしながらなんとかこの年まで生きております。

 

マインドセットの学びが生きる起爆剤

とにかく自分が作った家族が大好きです。そして私には責任があります。奥さんと子供とそしてこの度、不妊治療で授かりました生まれてくる新しい命を守ることです。

 

松田様と同じ歳の奥さんですが、年齢的にはかなりの高齢出産となり、今は「母子ともに健康で」と安産を祈る毎日です。だからこそ、家族を幸せにすると覚悟しました。

 

もう一つが日々、松田様から学ばせて頂くことで成功して生きるという覚悟が出来ました。そのためにも愛と真心の精神を養い人に愛を与える行動がしたいという強い気持ちも芽生えました。

 

そして念願である、今は一人で稼ぐ世界に行くためにもマインドセットを学んで行くことが生きる起爆剤になっております。今でも時折現れますが、死にたいと思う気持ちが現れると家族のこと、松田様のことだけを考え、それが私の生きる起爆剤になっております。

 

それでも、もっと辛かったり、死にたいと思う日は松田様の動画や松田様のコンサル生様の動画を見て学びマインドセットをすることで、今では乗り越えらています。

 

松田様には感謝しかありません。

 

宇宙は様々な自分が存在している世界が並行しています

高校を卒業して社会に出た私ですが、まさか自分でも信じられないくらいの社会には不適合者でした。

 

しかし、こんなの苦労じゃないよと思われる方もいらっしゃるのは理解しております。ただ、現在の私にとっても今現在の世界は本当に悪夢でしかないのです。

 

このような辛い現実があったからこそ、今こうして、松田様に出会えたことによってマインドセットを学ばせて頂くようになり、今の現実は自分で作っていると言われていることも段々と理解出来るようになって来ました。

 

そして重要なのが、嘘のようなお話ですが、この宇宙は様々な自分が存在している世界が並行しているのが現実です。

 

こちらもYouTubeで松田様の動画を見て納得したのですが、簡単に言いますと、その並行して存在している様々な自分は成功者だったり、医者であったり派遣社員だったり犯罪者だってこともあり得るのです。

 

まさに様々なシチュエーションで自分が存在しているのです。

 

この存在している自分と波長を合わせることでなりたい自分に最速でなることができるのです。

 

だから、私は松田様の動画を見て松田様より学び成功している自分と波長を合わせて生きることに決めたのです。

 

今が辛くても、必ず成功して幸せな人生を送っている自分がこの宇宙には存在していると信じてください。安心してください。

 

松田様のコンサル生の方々がしっかりとこの事を証明してくださりました。だから私はこのような信じられない話しでも信じているのです。

 

さあ次は私とあなたの番です。

 

愛と真心を持って松田様より学びましょう。

 

21世紀の在宅ビジネスを800本以上、300時間の動画で解説しています。

うつ病が蔓延しています。50代、60代になっても健康に生きたいと思いませんか?次世代の働き方を300時間以上の動画を使い無料で教えます。

 

-自殺防止

Copyright© 死にたい人が生きたくなるブログ , 2020 All Rights Reserved.