生きづらい方の働き方を教えます。

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

死にたい

父が亡くなり、うつ状態の母。物忘れも始まり万引きで警察沙汰に。死にたい

投稿日:

私は独身で実家に両親と暮らしていました。仕事は舞台照明の仕事をフリーでしていました。

 

父は肺の持病を持っていました。ある日、体調を崩した父に下されたのは末期ガン。胆管ガンというわかりにくい場所にできたガン。余命1ヶ月と医師に告げらけました。

 

父を頼りにしていた母は、その日からおかしくなりました。

 

父が亡くなり、躁状態からうつ状態に。そのうち物忘れや妄想が始まり、同じ事を繰り返し聞いたり、徘徊をしたり.....

 

仕事が忙しい時に限って母は騒動を起こし、私は徹夜で仕事のデータを作ったり、母の為の料理を用意したりと、今ではとても出来ないような事をしていました。

 

一年で一番忙しく、責任のある仕事をしている最中に携帯が鳴りました。母がコンビニで万引きをしたという警察からの知らせでした。

 

仕事が終わったのは夜10時。それからコンビニに寄り、バイトのお兄さんに事情を話し、朝から伺います。とメモを渡して帰宅。

 

母を問い詰めると、何も覚えていないという。翌朝コンビニに寄り、店長にまだ仕事があり、夜は11時をまわるので、後日伺います。と話しました。

 

後日話を聞くと、買い物をして店を出た母が、また店に戻り、たこ焼きのバックをそのまま持っていったとのこと。家には、お菓子やパンを置いていたし、冷蔵庫には料理を入れていたし、財布にはお金を入れていました。

 

私は混乱し、母に対する怒りと憎しみでいっばいになりました。先の希望は見えず、地獄のような日々が続いて行く。母の存在は、私の心の平穏と未来を潰していく。

 

家事、仕事、母の世話、それをこなしていくだけでも精一杯。なのに、これ以上どうすればいいといいうのか。絶望が私を包んでいきました。

 

あの冬、私は本当に死にたいと思いました。

 

母を殺して自分も死にたい

発作的に死にたいと思い、自分で自分の首を締めたことがありますもちろん死ねるはずはありません。頭を壁にぶつけてみたこともあります。

 

車で母と山の中に行き、崖から落ちたらどうだろうか。

ガスの栓をひねる。

有毒ガスを発生させる。

家に火をつける

毒物をのむ

電車にはねられる

電流を流しショック死

事故死

 

母を殺して自分も死にたいと思いましたが、さすがに行動には出来ませんでした。

 

その代わりにストレスを発散するがごとく、血にまみれた海外ミステリー、推理小説、サイコパスの出てくるような小説をよく読んでいました。完全犯罪に関する話、楽に死ねる方法はないかなど調べていました

 

母に死んでくれないか、といったこともあります。私も死ぬから、あなたも死んでくれないかと。

 

人を殺したいというのは、自分を殺したいという願望であるらしく、母を殺すイコール自殺したいということだったのでしょう。

 

繰り返し繰り返し同じ事を言い続け、私に質問する母、問題行動を繰り返す母、この地獄のような現実から逃れるためには、あとは死を選ぶしかない。

 

誰も私のことを助けてくれないし、母の病気、アルツハイマー型認知症は有効な治療方法もなく、明るい未来などない。朝も夜も頭の中には念仏のように死にたい、死にたい、という言葉が流れていました。

 

今思えば、まるで死神に取り憑かれたような日々でした。

 

全てが終われば負のエネルギーから抜け出せる

死にたいと思う時は、現実の暗い部分にしか目が行かなくなり、物事の悪い側面しか見ることが出来なくなる。胸につかえがあり、気分が落ち込み、沈んでしまう。

 

死後の世界や、先祖の因縁などのあやしいスビリチュアルの世界の話に惹かれてしまう。自分は呪われている。先祖の因縁が自分にふりかかってきている。運命は絶対に変えられないと思う。呪われた運命を背負わされ、その運命を変える力など自分にはない。自分は非力だ。

 

そんな非力な自分に自己嫌悪でいっぱいになる。現実を変えようと努力などしても無駄で、どうせ何もかわるはずなどない。自分だけが不幸だ。自分は孤独で、心は冷え切り温もりを求めているのに、誰も助けてくれないと思う。1人でこの孤独に耐え続けるしか仕方がない。

 

世の中には楽しく暮らしている人がいる。しかし自分は不幸せ。世の中は不公平で、神様はいないと思う。自分には一生幸せは来ない、いつも貧乏くじを引いている。

 

悲しみ、そして怒り、憎しみ、自分の中にある負のエネルギーは自分以外に対して向けらけていき、この負のサイクルに入ると、思考が固まり悪いこと以外は考えられなくなります。

 

そしてこの負のエルルギーから抜けだすためには、全てを終わらせる、この現実から逃れるためには死を選ぶ他にはないと考えてしまうのです。

 

「死にたい」から「死なない」と決意!

それは私がまだ若かった頃の話です。

 

友人も独身で2人で中国旅行に出かけました。3回目の中国。北京で数日過ごし、夜行列車で内モンゴル自治区へ。

 

降り立った駅には草原ツアーの勧誘の人たちがいます。私達は案内のモンゴル人で英語の通訳、香港人、若い日本人のカップル。という不思議な組み合わせの混成チームで草原ツアーに出かけました。

 

草原の道は道無き道でした。ようするに走ればそこが道になるというもの。草原、空、雲、丘、夏なのに涼しい風。

 

目的の観光客用のバオは小さな集落のはずれにありました。私達の他にも中国人、香港人、台湾人が草原ツアーのお客さんとしてバオに来ていました。

 

私は腰掛けぼんやりと草原を眺めていました。

 

その時です。私の体の中から突然喜びが溢れて来ました。何もない草原や流れる雲を見ているだけで楽しいのです。

 

溢れんばかりのこの感情。生まれて初めての感情でした。

 

バオの近くのお寺に案内されると、そこには静謐な空気と、真摯な祈りがありました。古びた小さなお寺、しかしそこは中国で見たどのお寺よりも美しいお寺でした。満月の夜。他のお客さんと火を囲み歌を歌い、パオで熟睡し爽やかな朝を迎えました。

 

帰国後、私は体のどこにもコリがないのに気づきました。心もゆったりとしていました。

 

あの体験、体の中から溢れる喜び。それは自分がただそこにいるだけでいい。生きているだけで幸せなのだという事を教えてくれました。

 

だから私は死にませんでした。

 

ある日買ったパワーストーン。綺麗なブルー。どこかで見たブルー......それは、あの内モンゴルの空と同じ色でした。私はその石を、モンゴルの空のかけらと名付けました。

 

死にたいと思ったあの日、私はその石を強く握りしめました。

 

そして、死なない。と決意しました。

 

あなたはひとりではありません

私は不幸。前にも後にも進めない。動く気力もない。孤独。世界中で1人ぼっち。この気持ちは誰も理解してくれないし、手を差し伸べてくれる人などいない。

 

寒い、辛い、消えたい。そう思っていますか?

 

もし今、自分は今深い深い海の底にいると思っているのなら、後は?浮上するしかないです。浮上すれば光が見えてきます。

 

1人で寂しいですか?

 

寂しい自分を愛してください。自分で自分を抱きしめて下さい。つらくても生きている自分に、頑張ったね、と声をかけましょう。

 

人の目が気になるというあなた。ほとんどの人は自分のことしか考えていないので、気にすることはありません。世間、なんて幻想を作っているのは自分自身です。枠を外してみましょう。

 

自分をがんじ絡めにしている呪文を消してしまいましょう。

 

ダメでも、バカでも全然OK。本当はあなたはダメじゃありません、バカじゃありません。本来のあなたは喜びに溢れている唯一無二の存在です。それを今忘れているだけなのです。

 

あなたの意識はどこにありますか?

 

頭に意識があるのなら、その意識をハートに降ろして見ましょう。そして深い呼吸をしてみましょう。ゆっくりと息を吐くのです。

 

頭は意味を探ります。自分は意味のない存在だというかもしれません。でもハートは意味など探りません。あなたの存在そのものを否定などしません。

 

あなたは自分を愛する資格を持っています。そして愛される存在なのです。

 

闇は光と一対のものです。あなたが見ているこの世界は光に溢れています。ハートはわかっています。存在の意味など探らなくてもいい。ただあなたがそこにいるだけでいいと。

 

ずっと幸せに生きてきた人などほとんどいません。みんな何かしら不幸せで、一度は死にたいと思ったことがあるでしょう。だから、あなたの気持ちをわかる人はたくさんいるのです。

 

本当はあなたは1人ではなく、様々な人たちと繋がっているのですよ。今隣に座ってくれる人がいなくても、あなたは繋がっています。かつて死のうと思っていた人や、人の痛みがわかる人と。

 

だから絶望しないで下さい。私はあなたを応援します。

 

頑張らなくてもいいのです。私もかつて死にたいと思ったことがあります。あなたが今そこに生きているだけで、私は嬉しいのです。

 

あなたにたくさんの幸せと愛と光が降りそぞきますように、お祈りいたします。

 

21世紀の在宅ビジネスを800本以上、300時間の動画で解説しています。

うつ病が蔓延しています。50代、60代になっても健康に生きたいと思いませんか?次世代の働き方を300時間以上の動画を使い無料で教えます。

 

-死にたい

Copyright© 死にたい人が生きたくなるブログ , 2018 All Rights Reserved.