生きづらい方の働き方を教えます。

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

死にたい

死にたい。25年も働いた会社で戦力外宣告。50歳で部署移動になり、20代の部下に

投稿日:2018年10月14日 更新日:

死にたい。25年も働いた会社で戦力外宣告をうけた。50にして部署移動になり、20代の部下にされてしまった。この屈辱感。

 

かつての同僚は、部長になり自分は、ヒラのまま。なめられている現実に死にたくなる。お前は無能だ
無価値だと告げられてるような毎日。

 

やめれば、スッキリするのにやめても、50歳では、次がない。この絶望感。

 

子供や家庭の為に耐え忍ばねばと日々をやり過ごすが家族の誰にも言えない。親父が、こんなみじめな思いをしているなんて。

 

家族のために頑張るんだ。耐え忍ぶんだと言い聞かせフと、街明かりを見る。静かな山の町で一体俺は何をしてきたのだろう?

 

家に帰れば玄関灯もついてない。妻は、携帯でおしゃべりをしてる。子供は部屋で友達とオンラインゲーム。おかえりの言葉もない。ひとり、自室のドアを閉め深いため息をつく。疲れた体で布団に横たわれば外から虫の声が聞こえてくる。

 

あー俺の人生は、なんだったんだ?

 

つまんない人生になってしまったなと、やるせない気持ちになる。自分を痛みつけるだけのこんな1日の終わりをこの先も続けるのか?続けて行けるのか?

 

もう嫌だ、もう限界だと、自分の中で呻く声がする。

 

こんなことならアフリカの未開の地で火を囲み家族で団らんしてる部族の方がよっぽど幸せだ。1日の終わりを家族や仲間と笑い合い食べたり、踊ったりする人生のほうがよっぽど素敵だ。

 

俺は何もない、夢もない、笑いもない、愛もない。

 

死ぬことがこの人生をリセットできるという認識だけが、唯一の慰めになっている日々だ。死の出口だけが魂の救いになっている。

 

そんな人生あなただったらどう思うだろう?

死にたい。車道にフラフラと行きたくなる

死にたいと思いしたこと。まだ、行動は、起こしてない。

 

ただ、ときどき疲れた身体で帰り道を歩いてる時車道にフラフラと行きたくなる思いがある。このまま、クルマに轢かれてしまえば楽になるな。と。

 

あの世では、お金も、社会的地位もない世界だから、よいな。食べるために家族を養うために嫌な仕事をしなくてもすむ。

 

悪口を言う、おばさんや社長のご機嫌とりをする有能な社員ごっこをみなくてもすむ。

 

みんな、社員なんて奴隷みたいなものなのになんで優劣を競い合うんだ?ドレイ同士で俺は有能、あいつは無能。仕事ができない奴とレッテルをはり仲間同士で嘲笑う。

 

もう、やめるにやめられないがやめたいから、離婚も考える。そのほうが、母子手当が出るし養育費さえ、払えるだけでいいから転職できる。派遣か、バイトしかないだろうが。今の苦痛からは逃れられる。

 

と、ここまで書いて完全に負け犬思考ネガティブな状態だな。と、自覚する。

 

しかし、15歳から、マーフィーの成功法則を読み、20代には、中村天風師の本を読み、30代には、本田健さんや、ザ・シークレットを見てきたのにいまだに、うだつが上がらない人生に絶望する。

 

なんで、こうモノにならないのだろう?ひと時の感動だけだ。

 

終わっている。俺は豊かになれない。そんな呪いがかかってるようだ。もう、自分だけではない家族がいる子ども達もいる。このまま終われない。

 

やりたいことがある。後悔しないよう行動したい

生きがい。苦しみ、もがいて道を探してた時に『もう大丈夫です、100%安心してください。嘘偽りのない真実と秘密を教えます。』そんな希望の言葉を語る人がいた。

 

しかも、ありがちな誇大広告臭がない誠実な語り口。実際、親の介護をしている行動と個人で稼いで来た実績が、信用に足る人のように感じた。

 

松田豊先生の生き方はひとつの憧れだ。

 

ピラミッドや、モアイ像、超古代文明を巡る旅を僕もしてみたかった。小学生の頃から、不思議な世界が大好きで、自分もこの目で見てみたい。と、思ってたからだ。

 

子ども達にも、広い世界があるということを体感させてあげたいしやりたいことをサポートしたい。そのためにも、松田先生の教えを受け、成幸したい。まだできるかもしれない。

 

あと、日本は侵略戦争をした。という間違った歴史観を正したい。

 

大東亜戦争は、アジア解放の理念を孕み、欧米列強の植民地支配、白人至上主義、人種差別に抗う大義ある戦いだったことがわかった。

 

天皇陛下の開戦の詔書を読めば止むに止まれぬ戦いだったことがわかる。

 

戦後、平和教育という日本が悪と言う逆さまの教育(洗脳)を受けうやむやの近代史を教わってきた。ネットの世界になり真実が伝わり世界が見えてきた。

 

アメリカによる占領政策(ウォー・ギルト・インフォメーション)により徹底的に情報統制され日本は、解体されてきた。

 

戦後、それまで併合されていた朝鮮民族を使い、大和民族を間接的に統治させ、いまや、日本は、在日朝鮮人による乗っとりをかけられてる有様である。

 

これは都市伝説か?

 

電通支配のマスコミはまさしくマスゴミであり、日本人をアメリカ式歴史観に洗脳。我々を家畜、奴隷民族に仕立てようとしてる。政治家さえ、日本人を救わない。まるで古代ローマ帝国に支配されて、自国の民を欺いていたユダヤ人支配層のような支配層だ。

 

この誤った流れを変えて、日本人に誇りを取り戻させたい。

 

大東亜戦争で横暴な白人相手に一歩も引かず、戦った人々。敗れたとはいえ、アジア解放、人種平等の流れを引き寄せた先人達を誇りに思う。

 

まだまだ、やりたいことはある。中村天風さんの足跡を追って見たいし、西郷隆盛さんの足跡も旅したい。

 

身体が、動く今の内に後悔しないように行動したい。

 

死にたいと思う人たちへ

順調に出世してる奴は幸せだ。豊かなエリート街道を生きてる人々も。親の財力だけで豊かに暮らして
学校の卒業祝いに高級車を2台も買い与えられる奴もいる。

 

光熱費の心配もクレジットカードの残高も気にすることもない奴がいる。そんな軽やかな恵まれた人生と自分の人生を比較するとなんで、こんなに不公平なのかと神を呪いたくなる。

 

健やかに暮らすアッパーな奴らは神に祝福された選ばれた者なのかと。

 

うちは、親も離婚。祖父母も離婚。親族も、自殺や、病気や貧しい暮らしに囚われている。本にある呪われた家系のようだ。金があるなら、浄霊したい。カルマがあるならダルマに変えたい。

 

神は、なんで不幸を創った?闇の存在を許した?

 

イスイスに首を切られた兵士達。事故で子供を亡くす親たち。痛ましい悲劇などなぜ無くせないのか。
万能な神、宇宙の創造者が。

 

光だけでいいのではないか?愛だけでいいのではないか?美人だけでいいのではないか!その答えを掴むために今を生きていくしかない

 

一人になり旅に出たい衝動に駆られる。

 

内なる声のままに生きてみたい思いがある。広い世界を旅してみたい。そして、あなたと出逢いたい。どんな綺麗な場所も仲間がいなければただの景色に過ぎないから。

 

21世紀の在宅ビジネスを800本以上、300時間の動画で解説しています。

うつ病が蔓延しています。50代、60代になっても健康に生きたいと思いませんか?次世代の働き方を300時間以上の動画を使い無料で教えます。

 

-死にたい

Copyright© 死にたい人が生きたくなるブログ , 2019 All Rights Reserved.